≫ 高度な検索        
2: 2005-02-10 (Thu) 19:38:52 webmaster source Cur: 2008-01-30 (Wed) 13:21:11 webmaster source
Line 1: Line 1:
 +#nofollow
#norelated #norelated
-#navi(PukiWiki/1.4/Manual/Plugin)+#navi(../)
#contents #contents
 +------------------------------
* L [#o648e077] * L [#o648e077]
Line 112: Line 114:
~指定したパターンで始まるページ名を一覧表示します。 ~指定したパターンで始まるページ名を一覧表示します。
:引数| :引数|
-~パターンには表示するページ名の共通部分を指定します。省略時は"設置したページ名/"となります。+~パターンには表示するページ名の共通部分を指定します。省略時は"設置したページ名/"となります。&br; 
 +また、「&font(Blue,b){ディレクトリ名};&font(Red,b){:};&font(Blue,b){ページパターン};」と指定して同じシステム上の別のxpWikiの一覧表示をすることもできます。
~title,include,reverse,compact,link で表示方法を指定します。 ~title,include,reverse,compact,link で表示方法を指定します。
--title − ページに含まれる見出し(*,**,***)の一覧を併記します。 --title − ページに含まれる見出し(*,**,***)の一覧を併記します。
Line 133: Line 136:
------------------------------ ------------------------------
 +
* M [#cdfaaa0f] * M [#cdfaaa0f]
Line 165: Line 169:
&color(blue){&md5=文字列}; &color(blue){&md5=文字列};
:概要| :概要|
-~引数に指定した文字列に対するMD5値を表示します。 +~選択したパスワードの形式に応じて、pukiwiki.ini.php に保存する 
-:引数| +パスワード用文字列を出力します。 
-~文字列にはMD5値を取得したい文字列を指定します。 +~パスワードのフォーマットは以下の8種類の中から選択できます。 
-:プラグイン内設定|~ +DESあるいはMD5アルゴリズムを利用したPHP crypt() および LDAP crypt ((crypt()関数の出力はシステムに依存するため、移植性が高くありません))、 
---PLUGIN_MD5_LIMIT_LENGTH 入力できる最大の文字列長+MD5 アルゴリズムを利用したPHP md5()、LDAP MD5、およびLDAP SMD5(シードあり)、 
 +SHA-1 アルゴリズムを利用したPHP sha()、LDAP SHA、および LDAP SSHA(シードあり) 
:備考| :備考|
-~pukiwiki.ini.phpに指定するPukiWikiの管理者パスワードはパスワードのMD5値で指定しますが、このプラグインを利用すると楽に取得できます。+~PukiWiki内で利用するパスワードは、パスワード文字列そのものの代わりに、 
 +実際のパスワードから導出された文字列(セキュリティハッシュ)を保存することが可能です。~ 
 +これは悪意ある者にpukiwiki.ini.phpの中身を覗き見られた場合に、 
 +パスワードが安易に漏洩しない事を目的としたものです。~ 
 +
 +SHA-1 アルゴリズムを利用するためには、PHP 4.3.0 以降を使用するか mhash エクステンションを導入する必要があります。 
 +
 +~プラグイン名に反してMD5以外のパスワードフォーマットも選択可能です。 
 +これは従来、パスワードから導出したMD5ハッシュ値を利用していた経緯によるものです。 
 +
 +~md5のプラグインを呼び出すURLの中にパスワードを含める利用方法は互換性のため残っていますが、推奨されません。 
 +
 +~このプラグインは PKWK_SAFE_MODE ないし PKWK_READONLY の設定で無効化されます。
Line 231: Line 249:
'')'' '')''
:概要| :概要|
-~DocBook風ナビゲーションバーを表示します。+~[[DocBook>http://www.docbook.org/oasis/]]風ナビゲーションバーを表示します。
~目次となるページに下階層のページが存在する時、それら全てのページ(の先頭と末尾)に記述する事で Prev, Home, Next というリンクを表示します。これによって下階層のページを順に参照するのに便利になります。 ~目次となるページに下階層のページが存在する時、それら全てのページ(の先頭と末尾)に記述する事で Prev, Home, Next というリンクを表示します。これによって下階層のページを順に参照するのに便利になります。
:引数| :引数|
Line 270: Line 288:
--nolink − ページ名を表示しません。省略時はページ名(ページ群で指定した場合は最後に更新されたページ名)を表示します。 --nolink − ページ名を表示しません。省略時はページ名(ページ群で指定した場合は最後に更新されたページ名)を表示します。
:プラグイン内設定|~ :プラグイン内設定|~
---PLUGIN_NEW_FORMAT 表示フォーマット+--PLUGIN_NEW_DATE_FORMAT 表示フォーマット
:備考| :備考|
~日付文字列は[[PHP関数:strtotime]]が認識できる書式である必要があります。 ~日付文字列は[[PHP関数:strtotime]]が認識できる書式である必要があります。
Line 298: Line 316:
~'''ブロック型プラグイン:''' ~'''ブロック型プラグイン:'''
~ページ名初期値には新規作成するページ名を入力する入力欄に初期表示する文字列を指定します。 ~ページ名初期値には新規作成するページ名を入力する入力欄に初期表示する文字列を指定します。
 +
 +**nofollow [#s8c0fa4c]
 +:種別|
 +~ブロック型プラグイン
 +:重要度|
 +~★☆☆☆☆
 +:書式|
 +~''#nofollow''
 +:概要|
 +~記述したページが凍結されている場合、ヘッダーに「NOFOLLOW」「NOINDEX」オプションを追加させます。
 +~これらのオプションは検索エンジンに対し「このページを無視して欲しい」と主張します。実際にどうなるのかは検索エンジン次第です。
 +:備考|
 +~人間や、上記のオプションを無視するプログラムには効果がありません。
Line 313: Line 344:
-#navi(PukiWiki/1.4/Manual/Plugin)+#navi(../)


Front page   Print View   Search   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
カウンター: 753, 今 日: 1, 昨 日: 0



※ このリンクを通じて商品をご購入になると、売り上げの一部が自治会に還元されます。

RSSニュースフィード
Copyright © 2000-2018 keyaki-c, All rights reserved.